野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

不運が重なりカナダに悔しい敗戦 決勝進出へ後がなくなる

2017年9月9日

「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)に出場している侍ジャパンU-18代表は9月8日、カナダとのスーパーラウンドを戦い、4対6で敗れた。通算成績(グループBのオープニングラウンドからの持ち越しは1勝1敗)は2勝2敗となった。すでにアメリカは4勝0敗で決勝進出を決めている。日本がファイナルへ進むには、明日の韓国戦で勝利することが絶対条件。カナダがキューバに敗れれば、韓国との直接対戦成績により、日本が決勝へ進出する。カナダが勝利して3チームが3勝2敗で並んだ場合は、TQB(得失点差率)での争いとなる。

 2点を追う日本は9回裏、二死一塁で打者は増田珠(横浜)。カウント0ボール2ストライクとなると、ポートアーサースタジアムはスタンディングオベーションだ。地元の大観衆は手拍子でカナダナインを後押し。中村奨成(広陵)の二盗で二死二塁。増田は2ボール2ストライクからの5球目を打ち上げ、中飛で万事休す。今夏の甲子園1回戦で敗退した際も終始、笑顔だった増田が人前で涙を見せている。それほどまでに悔しい敗戦だった。

 1対3の5回裏、二死走者なしから四番・清宮幸太郎(早実)がバックスクリーンへソロ本塁打。6回裏は相手ミスにつけ込んで、ノーヒットで2点を挙げ逆転に成功する。
 7回表、カナダの攻撃前に三塁内野席からウェーブが起こった。さらに「Let`s go CANADA Let`s go」の掛け声。先頭の遊ゴロへの打球は高いバウンドとなった。名手・小園海斗(報徳学園)はまさかの捕球ミス。この悪い流れを断ち切れず、一死一塁から2番手・川端健斗が暴投で二進を許すと、四番打者の適時打で同点。次打者を抑え二死二塁とするも、六番打者が三振振り逃げで走者が残って一、三塁。ここで3番手・清水達也(花咲徳栄)にスイッチするが、またも暴投で勝ち越しを許す。さらにタイムリーが飛び出し、2点のビハインドを背負った。この日、日本投手陣は計9四死球と制球が定まらなかった。

 小園は5回表にも失策しているが、7回を含め強い西日が目に入る不運が重なった。「(西日は)結構、キツい。サングラスは初めてで距離感がつかめなった。(5回は)後ろにやったらアカンということで体で止めようと(右ヒザに当たった)。試合後、小園は右ヒザをアイシングする痛々しい姿。大藤敏行ヘッドコーチは「日本の球場とは形態(球場の向き)が違う。かわいそうなところはある」とかばったが「言い訳になるので……」と、ミスを素直に受け止めるしかなかった。

 悲願の世界一へ後がなくなった日本。2度の好機で結果を残せなかった増田は声を振り絞った。「(立て直しには)時間はかかる。ただ、明日の試合までには何とかして、元気を出して、チームの役に立てるように頑張りたい」。窮地に追い込まれても、努めて前を向く姿勢に、明日への〝望み〟を強く感じた。

※「TQB(チームクオリティーバランス)」とは、得失点差率を意味し、(得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング)で算出して優劣を決める。

監督・選手コメント

小枝守監督

「アンラッキーな部分が多かったゲーム。勝ちどころが向こうにいっていた。相手打者はストレート系に強いという意識が強く、変化球を多投したが、今一つ、制球力が定まらなかった。(明日に向けては)何も考えないで、皆で精いっぱいやるしかない。ここであきらめる必要はない。みんなで向かっていきたい」

清宮幸太郎主将

「チャンスを作ってからの一本が出なかった。(本塁打は)逆風だったので打ち取られるかな?と思ったが、芯でとらえて入ってくれた。世界一への望みをつなぐためにも、明日、出し切りたい。2敗で落ちてしまうところはあるが、まだ終わっていない。まだ明日がある。切り替えてやるだけのことはやる」

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会概要 出場選手 放送予定

大会期間

2017年9月1日~9月11日

オープニングラウンド
9月1日(金)22:30 メキシコ 1 - 10 日本
9月3日(日)5:00 日本 0 - 4 アメリカ
9月4日(月)6:00 日本 7 - 2 キューバ
9月5日(火)3:00 オランダ 1 - 3 日本
9月5日(火)22:30 日本 12 - 0 南アフリカ
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

スーパーラウンド
9月7日(木)22:30 日本 4 - 3 オーストラリア
9月9日(土)6:00 日本 4 - 6 カナダ
9月10日(日)2:00 韓国 6 - 4 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

3位決定戦
9月11日(月)1:00 カナダ 1 - 8 日本
※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

開催地

カナダ サンダー・ベイ

参加国

グループA
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA