野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

打線が繋がり9得点 投手陣も好投しCPBL選抜チャイニーズ・タイペイに快勝

2017年3月1日

 3月1日、侍ジャパンはCPBL選抜チャイニーズ・タイペイと壮行試合第2戦を福岡ヤフオク!ドームで行った。前日は5対8で敗れた侍ジャパンだったが、この日は投打でCPBL選抜チャイニーズ・タイペイを圧倒し、9対1で完勝を収めた。

先発候補の投手たちが好投

「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」(以下、WBC)の1次ラウンド開幕まで1週間を切った中で、侍ジャパンが弾みのつく実戦初勝利を挙げた。
 まず試合を動かしたのは、いまひとつ調子の上がっていなかった山田哲人内野手(東京ヤクルト)だ。鄭凱文投手(元阪神、横浜DeNA)の2球目のストレートを振り抜くと、レフト後方のホームランテラスに飛び込む先頭打者本塁打で幸先よく先制に成功した。
 この援護を受けて先発のマウンドに上がった菅野智之投手(読売)は先頭打者にこそ安打を許したが、次打者をフルカウントから得意のスライダーで空振り三振に斬って取ると、その後も持ち味を発揮。4回58球を投げ、4安打無四球無失点の好投で試合を作った。
 初回以降、得点を奪えなかった侍ジャパンだが、5回に1死一、二塁で打席に4番・筒香嘉智外野手(横浜DeNA)を迎えた場面でダブルスチールを敢行。0ボール2ストライクと追い込まれこそしたものの、チャンスを広げた。すると、その後に筒香のファーストゴロ(記録は相手失策)と中田翔内野手(北海道日本ハム)の犠牲フライで貴重な追加点を挙げた。続く6回も相手守備の乱れや2盗塁、筒香のタイムリーで4点を挙げて試合を決めた。
 投手陣も石川歩投手(千葉ロッテ)が3回1失点で繋ぐと、8回と9回は藤浪晋太郎投手(阪神)と千賀滉大投手(福岡ソフトバンク)が3人ずつで抑えて試合終了。侍ジャパンが投打に噛み合い、9対1で前日の借りを返した。

小久保裕紀監督

「まずはこの試合のために、チームを編成してくださりWBC球を使用して試合してくださったCPBL選抜チャイニーズ・タイペイに感謝したいです。(投手陣について)菅野ももちろん良かったですが、小林誠司捕手も落ち着いてリードしてくれました。捕手はレギュラーを固定しないので、WBCでも菅野の時は小林がマスクを被るという見通しが立ちました。また石川も落ち着いていましたし、シンカーも有効に落ちていましたね。(打線の入れ替えについて)今日までは打席機会を与える意味合いです。残り2試合で本番に向けた打線を組んでいきます」

CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 洪一中監督

「同じチームの対戦だったが、今日の日本投手陣はコントロールや変化球がとても良かったです。我々をかなり研究していたように思います。菅野は世界でも一流の投手。どんな場面でも落ち着いていました」

筒香嘉智外野手

「今のところすごく順調です。感覚のズレも少ないですし、状態は上がってきています。これからも本番に向けて準備をするだけです」

CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 陳傑憲内野手

(岡山県共生高校出身)
「(猛打賞の活躍について)来日する前は不調でしたが、所属チームのコーチから“野球を楽しめ”と言われ、それができました。野球の文化を多く学んだ日本で試合をするチャンスを与えられてありがたかったです。いずれは、よりレベルの高いリーグでプレーしたい気持ちはあります」

アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン壮行試合

大会概要 チケット 放送予定 出場選手一覧

試合日程

2017年2月28日(火) 侍ジャパン 5 - 8 CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ
2017年3月1日(水) CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ 1 - 9 侍ジャパン

会場

福岡 ヤフオク!ドーム

対戦相手

CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ

関連情報

2017 侍ジャパン オープニングマッチ

侍ジャパン出陣式

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 ローソンチケットにて先行販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA