野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

イスラエルが初のWBC本大会切符獲得!出場全16チームが決定

2016年9月26日

 2017年に開催される第4回WBCの予選ラウンド4組(ブルックリンラウンド)の本大会進出決定戦が9月25日に行われ、イスラエルが9対1でイギリスを下して初出場を決めた。
 本大会出場16チームの残り1枠を巡る争い。イスラエルは1回戦でイギリスを5対2で下し、2回戦ではブラジルに1対0で退けて本大会出場決定戦へ。対するイギリスは1回戦で敗退後に敗者復活1回戦でパキスタンを14対0で一蹴した後、敗者復活2回戦でブラジル相手に4対3の逆転勝ちを収めて再びイスラエルへの挑戦権を得た。

 会場はメッツ傘下のブルックリン・サイクロンズの本拠地、海風が吹き抜けるMCUパーク。イギリスは1メートル93センチの長身右腕・クライスバーグ、対するイスラエルはメジャー通算121勝の38歳右腕、ジェイソン・マーキーが先発した。この両右腕が序盤から快調なピッチングを演じ、クライスバーグは4回2安打無失点、マーキーは4回無安打無失点に抑え込んだ。
 試合が動いたのは両先発が降板した後の5回裏だった。この回先頭のイスラエルの8番・バーチャムがセンター前ヒットで出塁すると、続く9番・ガイレンがライトへ先制2ラン。さらに四球を挟んで、2番・ラバーンウェイがレフトへ2ランを叩き込み、一挙4点を先制。イスラエルはその後も攻撃の手を緩めず、6回に1番・ボーレンスタインのタイムリー3塁打、7回には5番・デッカーのソロ本塁打でリードを広げると、8回にも2本のタイムリーで3点を奪ってダメ押しに成功。最終的に11安打で9得点を奪った。同時に、2番手以降の投手陣も好救援を見せ、イギリス打線を8回のタイムリー1点のみの計4安打に抑え込んだ。

 イスラエルは予選3連勝でWBC本大会の初出場が決定。この日先発したマーキーの他に、メジャー通算479試合登板のクレイグ・ブレスロウ、さらにアメリカのマイナーリーグ所属の選手を揃えた投手陣が層の厚さを見せ、打線でも4番に元メッツで2012年にはシーズン32本塁打を放ったアレク・デービスが座り、その他は投手陣同様にマイナーリーガーで固め、投打に実力者を揃えた成果が出た形となった。

 これで2017年3月開催予定の第4回WBCに出場する全チームが決定。予選免除の12の国と地域(日本、チャイニーズ・タイペイ、韓国、中国、ドミニカ共和国、プエルトリコ、アメリカ、キューバ、ベネズエラ、カナダ、イタリア、オランダ)と予選1組から4組を勝ち抜いたオーストラリア、メキシコ、コロンビア、イスラエルを加えた16チームがしのぎを削ることになる。

2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™
大会日程

1次ラウンド
プールB
2017年3月7日(火)~11日(土)

2017年3月7日(火)19:00 日本 11-6 キューバ
2017年3月8日(水)19:00 オーストラリア 1-4 日本
2017年3月10日(金)19:00 日本 7-1 中国

2次ラウンド
プールE
2017年3月12日(日)19:00 オランダ 6-8 日本
2017年3月14日(火)19:00 日本 8-5 キューバ
2017年3月15日(水)19:00 日本 8-3 イスラエル

決勝ラウンド
準決勝
2017年3月21日(火)18:00(日本時間22日10:00)日本 1-2 アメリカ

決勝
2017年3月22日(水)18:00(日本時間23日10:00)プエルトリコ 0-8 アメリカ

会場

高尺スカイドーム
東京ドーム
マーリンズパーク
エスタディオ・チャロス
ペトコ・パーク
ドジャー・スタジアム

公式サイト

WORLD BASEBALL CLASSIC™

練習試合

3月18日13:05(日本時間19日5:05)シカゴ・カブス 6-4 日本
3月19日13:05(日本時間20日5:05)ロサンゼルス・ドジャース 3x-2 日本

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA