野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

会見レポート

侍ジャパン「プレミア12」最終ロースター28名発表会見

2015年10月9日

 野球日本代表「侍ジャパン」の小久保裕紀監督が9日、都内のホテルにて記者会見を行い、国際大会「WBSC世界野球プレミア12」(11月8日~21日、以下、「プレミア12」)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」の最終ロースター28名を発表した。

 会見では、登壇した小久保監督がマイクを手に選手の名前を一人一人の読み上げ、投手陣では前田健太(広島東洋)、大谷翔平(北海道日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)、松井裕樹(東北楽天)らが順当に名を連ね、菅野智之(巨人)、増井浩俊(北海道日本ハム)、山﨑康晃(横浜DeNA)が代表初選出。野手陣では、山田哲人(東京ヤクルト)、柳田悠岐(福岡ソフトバンク)、中田翔(北海道日本ハム)らに加え、中島卓也(北海道日本ハム)、中村剛也(埼玉西武)を初召集。小久保監督は今回の選考ポイントを「今シーズンの活躍」と「過去のWBCも含めた経験」と話し、「以上28名で世界一を目指します」と宣言した。

 選手選考に当たっては、「まず自分でスターティングメンバーを決めた」と小久保監督。その上で、「投手13名、捕手3名の人数編成を決め、このスタメンで行くならばこういうサブが必要だという議論をした」と説明。「残り1人2人のサブをどの選手にしようかというところは非常に悩みました」と吐露しながらも、「各球団のエースクラスの投手が揃っている。日本の誇る投手陣が一番の強み。打者には歴史的な偉業(トリプルスリー)を成し遂げた2人(柳田、山田)も入っている。そういう若い力にも期待できる」と自信の表情を見せた。

 さらに投手陣に関して、1次ラウンドの5試合を5人の先発投手に任せることを明らかにするとともに、「当初、中継ぎ、抑えで考えていた投手に少し故障者が出てしまった。先発投手で後ろに回ってもらう選手も出てくるかと思います」と大会限定でのコンバートを示唆。また、今チームのエースには「過去の経験も踏まえて、前田健太がエースとして引っ張っていってくれるだろうと思います」と指名し、「勝ちゲームをしっかりと勝ち切ることが大切。その点では最後を締める投手が大切」と重要性を訴えた守護神に関しては、「相手の打順や打線の並びを見ながら、その都度決めて行きたい」と話した。

 一方の野手陣では、「パ・リーグでは柳田、セ・リーグでは山田が長いプロ野球の歴史の中でも非常に素晴らしい成績を残した。若いですが、彼らが中心となってチームを引っ張っていく。その力は兼ね備えている」と、今季トリプルスリーを達成した2選手に大きな期待を寄せるとともに、「優勝までの軌跡の中で正捕手というものに対しての評価。セ・リーグの投手も多い中で、セ・リーグの捕手も必要」と、ロースター選手(45名)を変更した上で新たに中村悠平(東京ヤクルト)を選出。打線の軸である4番打者に関しては、「中田翔という思いもあるんですけど、中村(剛也)はレギュラーシーズンをフルで出れば本塁打王になるという実績のある選手」と両者を争わせることを示唆した。

 今後、チームは11月2日に集合。5日、6日に行われる強化試合・プエルトリコ戦(ヤフオクドーム)を経て、8日の開幕・韓国戦(札幌ドーム)に臨み、その後台湾に移動してメキシコ、ドミニカ共和国、アメリカ、ベネズエラと戦う(上位4チームが準々決勝に進出)。「正直、強い国ばかりですが、特に初戦が韓国で、しかも日本で行われる。おそらく、私も含め、選手もガチガチに緊張するだろう初戦が大事。いいスタートを切りたいという気持ちもありますし、初戦の韓国というのがカギになる」と小久保監督。第1回大会となる『プレミア12』。自身にとっても順位を決める初の国際大会に挑むとなる指揮官は、「今大会の目標は?」との問いに、「世界一です!世界一を獲りに行くために頑張ります!」と力強く返答した。

ひかりTV 4K presents 世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン強化試合 日本 vs プエルトリコ

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/05(木)19:00福岡ヤフオク!ドームプエルトリコ 3 - 8 日本レポート購入方法テレビ朝日系列
11/06(金)19:00福岡ヤフオク!ドーム日本 - プエルトリコ購入方法TBS系列

世界野球WBSCプレミア12

日程 球場 カード 戦評 チケット TV放送
11/08(日)19:00札幌ドーム日本 - 韓国購入方法テレビ朝日系列
11/11(水)19:00天母(台湾)日本 - メキシコテレビ朝日系列
11/12(木)19:00桃園(台湾)ドミニカ - 日本TBS系列
11/14(土)19:00桃園(台湾)アメリカ - 日本テレビ朝日系列
11/15(日)19:00桃園(台湾)日本 - ベネズエラTBS系列
11/16(月)19:00未定(台湾)準々決勝TBS系列
11/19(木)19:00東京ドーム準決勝購入方法TBS系列
11/21(土)19:00東京ドーム決勝購入方法テレビ朝日系列

※台湾開催の時間は日本時間

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA