野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

侍ジャパンインタビュー

大学代表、善波監督インタビュー。チームは6日に初戦の韓国戦

2015年7月3日

善波監督

ユニバーシアード競技会へ向けた直前合宿の最終日(7月1日)に、明治大学野球場にて大学代表の善波監督にインタビューを行いました。6日には初戦の韓国戦、いよいよ始まる本大会へ向けた意気込みをお届けします。

野手陣のキーマンは坂本、吉田正、柴田

―――7月1日で直前合宿を打ち上げられましたが、まず野手陣の仕上がりはいかがでしょうか?
野手陣に関しては守備位置や打順を変えたりしながら、ユニバーシアードを想定した調整ができていたので問題ありません。状態を上げてユニバーシアードに臨めるという感覚です。

―――6月30日の試合(韓国大学選抜戦)で、2番に入った柴田竜拓内野手(國學院大)や3番に入った髙山俊(明治大)が機能して、打線が本当に意味で「線」になった印象です。
はい、そうですね。実際、ユニバーシアード本番でもそういうオーダーになるでしょう。全体的に左打者が多い打線ではありますが、左投手を苦にするような打者もいないので、気にしてはいないです。

―――ナショナルチームだからこそのチームづくりは、どんなところになるでしょうか?
それぞれ違う学校で普段はプレーしているわけですから、野球の考え方に違いがあるのは当然ですが、それを短期間で1つにする必要があります。

―――そう考えると、坂本誠志郎主将(捕手・明治大)の役割は非常に大きいですね。
坂本と吉田正尚(外野手・青山学院大)は2年生の時から3年続けて日本代表を経験しているので、いろいろな気遣いをしながらやってくれていて、とても助かっています。

―――善波監督が指揮する明治大でも主将を務める坂本選手ですが、主将として、どのような資質を買われているのですか?
面と向かって言ったりしなくても、僕らの会話を傍で聞いていて、それをチームに自然と伝えてくれていたり、目配り・気配りが効く。そうしたアンテナを張りながらプレーできることは、彼の優れた魅力の1つですね。横井人輝コーチとは、「ゆくゆくは坂本を主将に」という話を以前からしていました。

―――同じく3年連続して代表に選出された吉田選手も、下級生時は苦労しているところも見受けられましたが、今ではチームの中心選手ですね。
彼も、試合に出られなかったり、打席で上手くいかなかった部分が当初はありました。ですが、チームに返ってからも、「次こそは中心選手で!」という気持ちでやってくれていたので、大きく成長しましたよね。打撃はもちろんですが、壮行試合で見せたことからも分かるように、守備もすごく成長しました。

―――やはり野手のキーマンはこの2選手ということでしょうか?
はい。あとは、守りの面でショートの柴田はカギになりますね。失点を少なくするためにも、彼ら3人の力は大きいです。

投手は田中、濱口が軸

―――投手陣のキーマンは誰になるでしょうか?
やはり、田中正義(創価大)が大事な試合で投げることになるでしょう。彼の力を出してくれれば、その大事な試合を乗り越えてくれると思います。それに続いていくのが、濱口遥大(神奈川大)ですね。右と左、それぞれの軸を田中と濱口に担って欲しいと思います。

―――先発3番手は柳裕也投手(明治大)が有力ですか?
柳、澤田圭佑(立教大)、吉田侑樹(東海大)が候補で、彼らの状態と相手打線を見ながら起用を決めたいと思います。そして、高橋礼(専修大)、上原健太(明治大)、井口和朋(東京農業大北海道オホーツク)を中継ぎで考えています。ただ、予選をやって配置を変える可能性はありますね。

―――対戦国のデータはあるんでしょうか?
いや、無いです(苦笑)。予選リーグを見ながらという形になりますが、偵察スタッフ(上武大・谷口英規監督、國學院大・鳥山泰孝監督)も全日本大学野球連盟が用意してくださったので、心強いですね。

必ず金メダルを

―――昨年のハーレム国際大会経験者も多くいますが、やはり海外での生活ということで注意すべき点もありますよね。
今回は、MERSが流行って特殊な環境になっているので、そこは最善の防御策を徹底してやりたいです。また、選手村で生活しますので、変なトラブルに巻き込まれる可能性は低いですが、注意はして欲しいですね。

―――開会式を3日、初戦の韓国戦を6日(18時・光州起亜チャンピオンズフィールド)に控え、最後に抱負をお願いいたします。
おそらく開会式に出ると、選手たちの気持ちがもう一段階上がってくると思うので、そういった面にも期待しています。そして目標ですが、「金メダルを獲りたい」ではなく、必ず獲ります。応援よろしくお願いいたします。

侍ジャパン大学代表 2015
第28回 ユニバーシアード競技大会
壮行試合
直前合宿
  • 6月28日(日)~7月1日(水)
  • 明治大学野球場
  • 6月30日(火)13時 侍ジャパン大学代表 9 - 1 韓国大学選抜 試合レポート
  • 7月1日(水)10時 侍ジャパン大学代表 (中止) JX-ENEOS
強化合宿
  • 6月19日(金)~22日(月)
  • バッティングパレス相石スタジアムひらつか
  • 6月20日(土)13時 侍ジャパン大学代表 2 - 0 東芝 試合レポート
  • 6月21日(日)13時 侍ジャパン大学代表 2 - 2 東京ガス 試合レポート

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA