野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

大谷力見せるも2失点 打線援護できず2連敗

2014年11月18日

 2014 SUZUKI 日米野球の第5戦。中1日を空け、札幌ドームへと場所を移し行われた一戦は、3対1でMLBオールスターチームに軍配が上がった。

 侍ジャパンの先発は、第1戦のリリーフ登板から中5日での登板となった大谷翔平(北海道日本ハム)。初回、先頭のアルトゥーベにいきなり安打を許すも、2番・プイグ、3番・モーノー、4番・ロンゴリアを3者連続三振に切って取る見事な立ち上がりを見せる。ストレートは前回登板同様、そのほとんどが150キロ以上を記録(150キロ以下は1球のみ)。走者を置いた状態でも平均球速152.4キロ(NPB1位)と球威の落ちない力強さを、MLB打線相手にも示してみせた。
 しかし、2回以降は制球に課題を残した。2回に先頭・サンタナを四球。この回は結果的に3人で抑えたものの、続く3回に8番・デューダにカウント2ボールから左中間に弾き返されると、続く9番・エスコバルに初球をライト前へと弾き返されて無死一、三塁。ここで1番・アルトューベへの初球がインコース高めへ抜け、これをキャッチャー・嶋基宏(東北楽天)が後逸して三塁走者が生還すると、さらに内野ゴロの間に2点目を献上。この回だけで計30球を要した。続く4回もヒットを2本許すなど、毎回走者を許す苦しい投球。最終的に、大谷は4回68球を投げ、被安打6、7奪三振、2失点でマウンドを下りた。

 一方、第4戦で1得点に終わった打線は、3番に糸井嘉男(オリックス)、5番に指名打者・内川聖一(福岡ソフトバンク)を据える第1戦、第2戦と同じクリーンアップを組んだが、散発4安打に封じられた。辛うじて完封こそ逃れたものの、10日の福岡ソフトバンク・北海道日本ハム連合との壮行試合以来5試合ぶりに連打なし。また、先制点を奪われた試合ではこれで3連敗。劣勢から試合をどうひっくり返せるかが、今後の侍ジャパントップチームの課題となりそうだ。

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA